【入園式や結婚式に】生花コサージュのすすめ【卒園・卒業式や謝恩会にも】

子供
スポンサーリンク

下の子の卒業式が終わった。役員だったこともあり、壇上に上がる機会もあったため、ちょっとお高かったが生花コサージュを頼んでみた。

前々から興味はあったのだ。やはり一般的なアクセサリーのコサージュは何処か安っぽい。しかも、他のママとかぶる可能性もある上に、なんなら「あ、あのコサージュはたしか……」と、お値段を知られてしまう可能性とてある。ちょっとそれは嫌だ。

元々、着る機会が年に何度があるので服はビジネススーツ(黒)、改めて卒園式用・入園式用の服は購入しなかった。その分、地味だ。ならば、お花で華やかにしても良いかなぁ、と思いたち今回、通販にて生花コサージュを頼んでみた。

通販の時点でうーんと悩まれる人も多いだろうが、今のご時世、近所の花屋を探すのも一苦労だろう。ましてや前日・もしくは当日に取りにいく手間すらある。それなら通販の方が全て家で完結するので早い。恐らく値段もそこまで変わらないんじゃないだろうか。

今回頼んだところの評判はよく、実際に利用した私もまた利用したいと思った。

それでもやはり通販は……と思い方も居るだろう。そうじゃない方も、そういう方も私のこの記事を読んで頂ければと思う。

スポンサーリンク

「生花コサージュ」にした理由は

前述の通りである。

プラス、実は上の子の時は「プリザーブドフラワーのコサージュ」を頼んでいたのである。

生花は一回きりだけど、プリザーブドフラワーなら何回も使えるし良いかな? と安易に考えた結果だったのだが、これが失敗だったのである。

  • もろい
  • こわれやすい
  • あつかいにくい

だった。

状況によりけりなのだが、私は卒園式向けに購入していた。無論、相手は子供である。時には走り、時には子供を体当たりで止め、振り回される。デリケートなプリザーブドフラワーの花びらはいとも簡単にボロボロになったのである。ぐすん。

結婚式とかならプリザーブドフラワーでも良いだろうが、対・子供相手ならその旨を書いて生花コサージュにした方が無難だ。

「生花コサージュ」を通販で頼むには

意外となかった。

プリザーブドフラワーは山のようにひっかかるのだが。やはり通販で生花となると色々とハードルが上がるようだ。だが、ないワケではない。私は以下のところで頼んだ。

生花なこともあり遠隔地はお届けNGだったり、注文の仕方が分かりにくい部分もあるが、届いたお花は注文通りのイメージでとても綺麗なものだった。

注文の仕方が分かりにくい部分は、適当にいずれか選択しておけば注文可能だ。また細かい指定などは注文前の備考欄で記載できた。勿論、そちらで日時指定も出来るので、安心して進み、そちらで記載すれば問題ない。

もし、見逃してしまった場合も必ず注文確認メールが届くので、そちらに記載されているメールアドレスや電話にて問い合わせすれば対応して貰えるだろう。

ちなみに私は卒園式で使うことと、子供追いかけたりするので激しく動いても大丈夫なように作ってもらえると嬉しいと備考欄に記載しておいた。

「生花コサージュ」はどんな感じ?

冷蔵便でお届けとあるように、前日の午後に届いた。

ちなみに配達業者は郵便局だった。

いざ、開封。

おぉっ、良い感じ~!

黄色が好きなのでイエロー・オレンジ系で注文したところ、こんな感じとなった。もっと明るい色でも良かったかな、と思ったので、今度はレッド系にしようかなと思っている。

配送中にズレないようになのか、底面でしっかりテープで固定されているので取り外しは慎重に行った方が良い。

同封されていた紙に、霧吹きで水を上げることと、保管はラップをふんわりとかけて冷蔵庫の野菜室がおすすめとあったので出来るだけそれにしたがった。

水は霧吹きなんて洒落たものはないから、ペットボトルのキャップでちょちょいとあげた。この時、花弁に水がかからないように注意しよう。まぁ、評判を読んだ限り、そのまま野菜室につっこんだという人も居たのでそれでも大丈夫だとは思う。

また、実際に使う時、花自体もしっかりワイヤーで固定されているので、取り外しの際は注意しよう。

そして次の日。スーツにつけてみた図である。

黒のスーツでも良い感じに華やかになった。

(私が手先ぶっきーなせいもあるが)取り付けは意外と大変なので、上着を脱いだ状態で行った方が良い。また、やはり生花というだけあって重みがあるので、胸ポケットに挿して固定しないと若干厳しいかもしれない。

私は前のブリザーブドフラワーコサージュの時、胸ポケットがダミーで挿せなかったので大変苦労した。

また、着用して分かったが、胸ポケットに入れて固定しても、花の重みで若干前のめりになる。なので、上側も葉っぱか何かを引っかけてピンでとめることをおすすめする。

分かりにくいが、上から撮影した図である。胸ポケットに挿し、花の根元で一本、上の葉っぱ辺り(上の写真)で止めた図である。コサージュピンは紙に一本、花のプラ容器の中に一本、計二本ついてきたのでそちらを利用すると良い。

実は私のやつ、プラ容器の方は留め具が無かったのだが……どっかにあったのかな(すぐにプラ容器、捨ててしまったので分からない・前のブリザーブドフラワーにも二本ついていたので問題なかったのだ)

ただ単につけるアクセサリーなコサージュよりは扱いが難しい部分もあるが、やはり見栄えが断然良い

固定にしっかり時間をかけたお陰か、子供を追いかけまわしてもズレることはなく、無事卒園式を過ごすことが出来た。花の良い香りが鼻孔をくすぐる感じも私的には良かった。

まとめ

初めて通販で生花コサージュを頼んだが、かね満足である。

使い終わった今も、まだ綺麗に咲いている。

花瓶がなくてペットボトルなんだけどね。あと花の一部がてかっているのは、花に水をかけた結果、凍ってしまったようだ……私のミスである。なので、花弁には水をかけないように! 霧吹き! もしくはそのまま冷蔵庫の野菜室にINである。

今度は上の子の卒業式の時にでも頼もうかなと思っている。

華やかなのが良いがなかなか良いのが見つからない、人とかぶりたくない、アクセサリーのはちょっと……と思われている方、良い機会だ。生花コサージュはどうだろうか。一度、検討して頂ければ幸いだ。

ではでは、この辺で。

コメント