今までのお仕事履歴 & まったりお仕事募集中♪

【ブラックレーベル】謎解き特集!【SCRAPゲームブック】

NISA口座の出口戦略を考え始める

【転職・就活】独立系? メーカー系? エンジニア(ソフトウェア開発)はどっちが良い?【ユーザー系もちょこっと】

【1、2本のちょろり白髪に】三十代向けの若白髪隠し対策についてまとめてみた【おすすめ】

女性というだけで、学生時代よりライフプランを練って、生きていかねばならない時代なんてクソくらえ

仕事談
スポンサーリンク

下記のツイートを見かけたのは丁度、怒涛の転職活動(未遂)を終えた頃のことだったと思う。

ツイ主は至極まともなことを言っている。ひじょうに腹立たしいのは当該記事の方だ。

時間がある方は是非とも当該記事に目を通して頂きたい。

要約すると「転職経験がない奴は、大損している」「新卒のまま転職をしないメリットが薄れつつある中で、彼ら、彼女たちはなぜ転職しない」のか? と問われているのだが。

一言、是非とも言ってやりたい。

わか
わか

と、言うことは、20代女性は仕事でキャリアを積みつつ、転職で給与もあげつつ、少子化対策のため子供も産みやがれってことか???(怒)

恐らくライターはそんなつもりはなかったのだろうか、捉え方次第ではこうなることは自覚して頂きたいものだ。この国はどんだけ働く女性に負担をしいているのだろう。

スポンサーリンク

「女性」と言うだけで、数々のハードルが待ち構えている

冒頭からもお分かりいただけると思うが、女性は仕事もプライベートも充実させたい! 子供も産みたい! となると、学生時代からかなり綿密なライフプランを組まないといけなくなる。

子供欲しいな。けど、仕事にも打ち込みたい!

と、なると、新卒で仕事に就いたとして、体力的な面を考慮して30歳になる前に一人目を生んで、育児休暇を取って??? などと、色々と考えてライフプランを組まねばならなくて。

国全体で考えなければいけない社会問題を、女性に押し付けすぎだろ、ごらぁ。

と、正直、言いたくなる。

その上で、その辺を理解せず、夫となったが愚かな男性よく勘違いして

とある子持ち<br>男性
とある子持ち
男性

育児が大変だから、家事を手伝って欲しい? はん、俺より稼いでからそういうことは言ってよ

と、言ったりしているワケである。そりゃ、嫁は怒りたくもなるでしょうよ、となるワケだ。

私も同居人に似たようなことを言われたことがある。お前のキャリアは、私のキャリアを犠牲にした上で成り立ってんだぞ。何言ってんだ???

当該記事はそんな女性の方々に「転職しないと損だぞ」「何で転職しないの?」と言っているワケだ。こちとら、転職したくたって出来ないんだよ!!! が本音だし、何を言っているんだコイツは状態なワケだ。

実際、女性が転職活動すれば、極論で言うと出産前だと「子供は? まだ居ないの? いつ頃かんがえてんの?」と言われ、産んだ後だと「時短勤務? 論外」と言われる社会である。

女性と言うだけで、就活時もそうだが、転職時も当然のようにハードルは一般男性より高くなるワケだ。

現在は大分緩和されたとは言え、嘘のような本当の話である。

確かに、それらをクリアして世で活躍している女性も居る。

言えるのは、彼女らは男性らと比較されても負けぬよう勉強し、未来を計算した上でキャリアを積んでいるところだ。素直に凄いと思うし、学生時代から色々と未来を見据えていらっしゃったのだろう。

では、それを学生時代に、社会人初期に知れなかった、自覚できなかったらどうなるか。

私自身もそうなのだが、それを実際に世に出てから知った人たちの方が大半なのだと思う。義務教育でそんなこと習わないしね!!!

私も分かりやすいところで、それをくらった一人だ。

私は今の時代で言うと、やや早めに一人目、二人目と産んだ。

30代前に、二人の子を持つママになったワケだ。

そのせいなのか。いや、明らかにそのせいなのだが、会社の人事評価が何をしても上がらなかった。

例えば、A・B・C・Dの4段階の評価があるとして、新卒時はD、数年働くとC、30代でBとなる評価制度があるとする。

私は「D」評価の際に出産のため育児休暇に入った。その後、時短勤務で復帰したが、十年近く「C」に上がることもなく、ずーっと「D」評価のままだった。

幸い、その時の直属の上司は、勤務時間が短くても効率よく働く私の仕事振りをきちんと評価してくれる人で、大分上層部に掛け合ってくれたものの評価がくつがえることはなかった。

評価は変わらなかったものの、純粋に直属の上司が私の代わりに怒ってくれていたので、そこは有難かった。

時短勤務を取得しているから仕方ない、働かせて貰えるだけ有難いかと割り切っていたものの、それだけでは割り切れない事実が判明した。

私と同じように二人の子を産んで、時短勤務を取得したWさんが居たとしよう。その人は出産前に「C」評価になっていたため、私と同じようなキャリアを積んでいるにも関わらず、その後「B」評価へと上がったのだ。

えっ? と言う気持ちである。こちらは十年ほど「D」から、やっと「C」に上がった矢先のことだった。

能力に差があれば仕方ないと割り切れるが、そんなことはない。その証拠に現在の上司に

上司A
上司A

なんで、わかさんは今だに評価が「C」なの???

と、言われたくらいである。そんなの私が一番聞きたいわ!!!

恐らくだが、私もあと一年ほど出産を遅らせていたら、出産前に評価が「C」になっていたのだろう。これまで数々の上司にお世話になったが、その度に「いくら時短勤務だからって、評価「D」が十年はあり得ない」とさえ言われた。

だが、これが事実なのだ。きっと、私と同じような想いをしている人は、世にもっとたくさん居るのだろうと思うと、途端にむなしくなってくる。

話が複雑になるので割愛したが、実際のところ学歴も絡んでいるのだろうなと思っている。要は、女性はそこまで考えた上で学校選びをしたり、出産したり、転職したりしないと普通に生きていくだけでも大変で、後々苦労すると言うことだ……そこまで計算しないといけない世の中なのだ。

まとめ:女性は転職以前の問題で、選択の自由さえ許されていない

そりゃ、これが現況なのだから「子供産みません!」となるのは当然の流れだと思っている。

後の世を支えてくれる子を産んでいる女性に、世の中から分かりやすい仕打ちを受けているのだから当然だろう。

出産したらしたで、上記ツイートのハードルもあるし、それクリアしても私のような問題にぶちあたる人も居るし……世の中のワーキングママ、すごいよ。もっと胸をはっていいと思う。

もっとより良い環境を目指そうと転職しようとするれば、時短勤務はノーセンキューと言われ。

子供の世話に追われ、子供の宿題を見たり、プライベートな時間なにそれ? 状態がちょっと落ち着いて、やっとフルで働けるかな! と本格的な転職活動を始めれば、スキルという分かりやすい指標でしか物事を見れない面接官共(失礼)に「能力不足」だとか、無駄な腹の探りあいをされる始末である。

世の中、女性活躍とか言い始めているけど、正直「何を言っているん???」状態だ。

女性活躍の前に、もっと基本的なところを、端的に言うとワーキングママだろうが、時短だろうが、極当たり前に、フラットに転職活動ができる世の中にしてから物言えよという感じだ。

何だか、まとまりのない怒りをぶつけるだけの記事になっている感はあるが。

ではでは、この辺で!

コメント