今までのお仕事履歴 & まったりお仕事募集中♪

【ブラックレーベル】謎解き特集!【SCRAPゲームブック】

NISA口座の出口戦略を考え始める

【転職・就活】独立系? メーカー系? エンジニア(ソフトウェア開発)はどっちが良い?【ユーザー系もちょこっと】

【1、2本のちょろり白髪に】三十代向けの若白髪隠し対策についてまとめてみた【おすすめ】

今更ながらにテレワーク環境を整えてみた

仕事
スポンサーリンク
ヘイシャの<br>偉い人
ヘイシャの
偉い人

時代情勢に合わせて、テレワーク整備を進めています!

と表向きは言いながらも、実情としては「テレワーク? なにそれ?」なヘイシャに勤めていたワタクシ。

皮肉にも2020年に上陸したコロナ(COVID‑19)により、いやがおうでも強制的に進められる結果となった。

わか
わか

そうでもしないと動かないヘイシャの経営層……

それはさておき、時代情勢により突き動かされる結果となったため、ありものの環境で急遽テレワーク環境をこしらえたままだった。

元々テレワーク主体なヘイシャではない&幸か不幸か勤めていたのは地方支社なこともあり、緊急事態宣言が出ようともテレワークがヘイシャとして推し進められたのはほんの最初だけ。

週フルでテレワークと言うこともなく、忙しければ忙しいほど出社状態で、なんやかんやでここまで放置していたのだった。

スポンサーリンク

テレワーク環境を整えるぞい

改善前:低めの机2個+座椅子でしのいでいた

つい最近まで私は低めの机2個と座椅子と言うテレワーク環境だった。

まだ記憶に新しいと思うが、それこそ初期のコロナ蔓延時はテレワーク用の机やら椅子やらディスプレイの需要も値段もガッと上がったこともあり、静観していた部分はあった。

同居人共々、IT関連の仕事をしているのでネットワーク回線やWiFiやらLAN・電源ケーブルやら、などなど。そちらは元々、十分すぎるほど充実していたのでそれについては純粋に助かった。

ひとつ買い足したものは大きめのディスプレイくらいである。

情勢がやや落ち着いてきた頃に購入したため、値段もそこまで高くなかったのは幸いだった。後々にコロナが長引くことにより半導体不足となり、現在ではやや値上がりしている。

上のディスプレイに関して言えば、5000円強値上がりしているね、うん。

買っておいてよかったもののひとつである。

と、まぁ、何とか最低限の構成で時折テレワーク+現実は半分以上出社していた私だが、慣れてくるとなんとやらで。

座椅子でテレワークはやはり辛い……となった。が、ここで素直に机は購入したくなかった。

家には既にダイニングテーブルにコタツ机、子供の用の学習机×2に、ほぼフルリモートな同居人が整えたテレワーク机と、机、ツクエ、つくえだらけだったのだ。

わか
わか

将来、処分が大変なやつやん!!!

とは、言うものの。

今更私ひとりが机を買ったところで……と思ったりもしたが、出来るのなら避けたい。

壁に板をつけて机変わりにできないか、カラーボックス+天板机や処分が簡単なダンボール机などなど。

色々と考えては面倒になり、今のままで良いか……と諦めていたところ、ちょうど目についたのがこちらだった。

改善後:掘りごたつ風+机の高さを調整してみたら快適になった

これなら堀コタツ風にできるのでは!? と色々と寸法やら何やらを考慮して、机を支える2つ分+椅子代わりとなる1つ分とで3つほど購入してみた。

下手な机を買うより高くつくし、処分も大変じゃない? と思われそうだが、机よりは長く使えそうと判断した結果である。

写真はあいにく撮り忘れたが、宅配業者が玄関に高々と積み上げた時は玄関が埋まりそうだった……。

ともあれ、箱を開封して、整えた環境がこんな感じである。

パソコンは諸事情から、ゴマちゃんフィルターさせて頂いた

タタミ座によりテレワーク環境を全体的に持ち上げ、足を落とせる空間を作った感じである。

おぉ、なかなか良いんじゃない?

ちなみに、座椅子の上にあるブラウン色のやつは「p!nto beauty」である。

テレワーク時の姿勢が気になり、堀コタツ風にすることで足が落とせるようになるからと一緒に購入した。

こちらで実際にテレワークしてみると、足が快適になった分、手元の低さが気になった。

それで更に追加購入したのがこちら。

おぉ、良い感じ……うーん、でも、まだ少し低いな。

こちらだと1セットで5センチのかさ上げとなる。

もう1セット購入し、2段(10センチ)にするか? と思ったが、買う前に簡単に試してみたところ、2段(10センチ)だと少し高すぎる。

結果。

最後は地道に自作じゃ!

13センチ四方にダンボールを切って、6枚重ねて、3センチのかさ上げじゃ!

底が広い上に、底面にすべり止めがついているタイプのものなので、ダンボールに養生テープな自作かさあげでも、すべったりせずピタッとはまっている。

これなら足りないと思ったら、再びダンボールにて高さ調整し直しもきくので良い感じだ。

まとめ:

座椅子だと足を落とすことが出来ず、机の下に伸ばすか、あぐらをかくことしかできなかったが不便だったが、堀コタツ風にすることで足を落とせるようになったのは大きかった。

ただ、タタミ座の高さが25センチ+座椅子にp!ntoで大体5センチと、やはりもう少し椅子の高さが欲しい感は否めない。

わか
わか

足をもうちょっとまっすぐに落としたいな……

机のかさあげくんを2セット追加購入して、机に1段追加+椅子となるタタミ座につければ5センチは上がるが……うーん。

追い課金するかはともかく、前よりは快適になったのでヨシとしよう。

快適にすればするほど、更に……を求めたくなる。フルリモートならともかく、多くても週半分がテレワークな人なので塩梅がむつかしい。

あまり姿勢悪くやっていれば将来に響く! と思い、今回は最低限のラインで実施した(つもりだ)が、○万円軽くふっとぶね。テレワーク環境に課金、課金!!!

高さが調整できる机や椅子なんて、夢のうちの夢やな……。

と、嘆きつつ。ではでは、この辺で!

コメント