今までのお仕事履歴 & まったりお仕事募集中♪

さくらインターネット(ライト)へのWordPressインストール方法

ブログ関連
スポンサーリンク

自分の備忘録を兼ねて書いておきます。幾つかかぶっている手順や不要な手順がありそうですが、やったままを記載しておきます。大体、グーグル先生にお伺いすれば分かりましたが、細かいところで結構つまづきました。

ちょこちょこ追記すると思います。

スポンサーリンク

はじめに

さくらインターネット(ライトプラン)にWordPressを導入するのは正直、あまりお勧めしません。ですが、敢えて私がそうした理由や、逆にお勧めできない理由を下記記事にまとめましたので、ご参考までに。そんなの知っているよ! と言う方はさくっと下にいっちゃってください。

WordPress導入にさくらインターネット(ライト)を敢えて使う理由
私がブログを始めるにあたり何故一手間をかけてまで、さくらインターネット(ライト)にWordPressを採用したのか。これからブログを始めようと思っている人の参考にもなるようにちょこっと一意見を述べてみようと思います。 さくらインターネット...

必要ソフトウェアのインストール

WordPress 4.1.1のダウンロード

WordPress(日本語)

リンク先ページの、右上にある青いボタン「WordPressを入手」をクリック

最新版ではなく下方にある「すべてのリリース」先より、4.1.1のzip選択

最新版ではなく4.1.1を選択した理由は、後からでもWordPressは最新版にアップグレード可能なので、インストールが確認できているバージョンを単に選んだだけのことです。チャレンジャー精神旺盛な方は是非、最新版で試してみてください。

SQLite Integration 1.8.1のダウンロード

SQLite Integration

リンク先よりダウンロード。私が利用したバージョンは1.8.1です。

WordPressにSQLite(DB)をセットする

さくらインターネットのライトプランは「MySQL」というDBが使えません。その代わりとなる軽量DBをあらかじめ仕込んでおきます。

  1. ダウンロードした「WordPress4.1.1」と「SQLite Intergration1.8.1」を解凍する
  2. 解凍して出来たsqlite-integrationフォルダを、wordpress/wp-content/plugins/フォルダ内に移動する
  3. sqlite-integrationフォルダ内にある「db.php」をコピーして、wp-contentフォルダにある「db.php」にペースト(上書き)する
  4. wordpress/wp-config-sample.phpファイルをコピー、wp-config.phpにリネームする
  5. ここから秘密鍵を入手する
  6. wp-config.phpを秀丸などのテキストエディタで開き、認証用ユニークキーを4で取得したキーで上書きする
  7. wordpress/内に「_htaccess」ファイルを新規作成し、以下の構文を記載、保存します。
    _htaccess DirectoryIndex index.html 403.html index.php

アップロード

前の手順で仕込んでおいた「wordpress」フォルダをアップロードします。アップロード出来れば方法は問いませんが、FTPソフトを使うのならWinSCPがオススメです。

アップロードするファイルが膨大(1000ファイル強)あるため、FFFTPだとつまらぬエラーが出る。設定を変更すれば対応できないこともないが、これを機会に乗り換えをオススメする。
  1. 前の手順で仕込んでおいた「wordpress」フォルダをアップロードします。
    ※1000ファイル強あるのでそこそこ時間かかります。
  2. アップロードしたフォルダのwordpress/内にある「_htaccess」ファイルを「.htaccess」ファイルにリネームします。
  3. http://〇〇〇.sakura.ne.jp/wordpress/(〇〇〇部分は初期アカウント)にアクセスし、ようこそ画面が出てくればインストール成功です。画面の手順に従って、wordpressのインストールを完了させる。
「.htaccess」は隠しファイル扱いとなる。WinSCPで表示する場合はツールバーより「オプション」-「環境設定」の「パネル」タブより「隠しファイルを表示する」にチェック設定する。
ログイン画面が表示されないなどエラーが発生した時は、wp-config.phpの「define(‘WP_DEBUG’, false);」を「define(‘WP_DEBUG’, true);」に書き換えると、WEB画面上にデバッグログが表示されるようになる。事象+ログでgoogle先生で検索をかけると幸せになれるかもしれない。

ちなみに、ログイン画面が表示さないエラーに遭遇したが、「wp-login.php」内の755行目付近にある行を以下のように修正したところ、無事ログイン可能となった。

修正前
$user = wp_signon( '', $secure_cookie );
修正後
$user = wp_signon( array(), $secure_cookie );

プラグインのインストール

…の前に、Wordpressを最新版にアップデートしておく
  1. wordpressのインストール完了後、ログインすると管理画面が表示されます。上部辺りにwordpressのアップデート云々のメッセージが出ていれば、指示に従ってアップデートを行う。
  2. さくらインターネットのコントロールパネルから当該アカウントにログイン、「PHPのバージョン選択」からPHPのバージョンを最新にする。 ※執筆当時はPHP7.2.8が最新版
プラグインのインスト―ル

cocoon辺りのテーマ採用なら、最低限以下があれば充分である。

準備中<<後日公開予定>>

さいごに

当サイトはエックスドメイン(独自ドメイン)+さくらインターネット(レンタルサーバ)で運営しています。

エックスドメイン

さくらインターネット ※Wordpressはスタンダート以上から

独自ドメインってなんぞや? と思った方や下記記事を見ると幸せになれるかも?

【レンタルサーバ契約よりも】Wordpressでブログを作るその前に【独自ドメイン】
Wordpressを使ってブログ立ち上げたい! アフィリエイトサイト運営したい! 様々な想いがあることだろう。そして次に出てくる言葉は「レンタルサーバを契約しなくちゃ!」になると思うのだが、ちょっと待って欲しい。ブログ立ち上げてみたいけどW...

コメント