今までのお仕事履歴 & まったりお仕事募集中♪

【レンタルサーバ契約よりも】WordPressでブログを作るその前に【独自ドメイン】

ブログ関連
スポンサーリンク

WordPressを使ってブログ立ち上げたい! アフィリエイトサイト運営したい! 様々な想いがあることだろう。そして次に出てくる言葉は「レンタルサーバを契約しなくちゃ!」になると思うのだが、ちょっと待って欲しい。ブログ立ち上げてみたいけどWordpressってなに? Wordpressなんて使ったことない。カスタマイズできるか不安、という方はちょこっと立ち止まって、この記事を読んで欲しい。

スポンサーリンク

ブログ(WordPress)にレンタルサーバは必須なのか?

WordPressを使ってブログを立ち上げるにはレンタルサーバ契約は必須なのか。実はそんなことはない。結果論から言えばいつかは必要になる。だが、私は敢えてこう言う。最初に有料レンタルサーバの契約は必ずしも必要とも限らない

なぜ、必要ないのか

WordPressをインストールするにはサーバを有料でレンタルしなければならないという図式が定着しているが、実は無料で借りられるレンタルサーバでWordpressのインストールが手軽に出来るトコロがある。それがエックスドメインが提供している無料レンタルサーバである。

XFREE 無料レンタルサーバー WordPress機能

無料とうたうだけあって「容量:2GB(内データベース容量100MB)」「スマホサイトのみ広告表示」と多少の制限はあるが、Wordpressがどんなものか試すには十分すぎる機能だ。まずは無料で試してみてそれからレンタルサーバを……と言いたいところだが、実はここでもうひとつ提案がある。

レンタルサーバ契約よりも独自ドメインを契約するべき

まだ、レンタルサーバを契約していないという人は運がいい。まずは独自ドメイン契約を薦める。独自ドメインってなに? という方に超簡単に説明すると自分専用の看板を取得するようなものである。

独自ドメインは自分専用の看板レンタルサーバは提供されたお店のスペースと表現しよう。名は違えどいずれもURLを割り振られる。絵にすると分かりやすい。

ふんわりとでもイメージがついただろうか。

独自ドメイン取得のメリット

独自ドメイン取得のメリットは主に以下の4つである。

  • Googleアドセンス登録が出来る
  • レンタルサーバ契約よりも安価で済む
  • レンタルサーバ移転が容易
  • ドメインパワーが蓄積される

では、ひとつずつ説明していこう。

Googleアドセンス登録が出来る

Googleアドセンスとはクリックすると報酬が発生する広告を提供してくれるところであり、アフィリエイトを始める際には決して足を向けて寝られないトコロである。調べていくと分かるがアフィリエイトを始める際の広告を提供してくれるところはほぼ成果報酬型であり、実際に商品を購入して貰えないと成果が発生しない=お金とならないのである。これだけでGoogleアドセンスの報酬に対する敷居が低いことがお分かり頂けるであろう。勿論、敷居が低い分審査もそこそこ厳しいが、独自ドメイン=自分専用の看板がないとGoogleアドセンス登録のスタート地点に立つことすら許されないのである。

レンタルサーバ契約よりも安価で済む

エックスドメインは約1200円/年の費用のみ、レンタルサーバは初回契約時の初期費用込みで考えると最低でも4500円(ロリポップ試算)以上はかかる計算だ。そりゃ、ドメイン取得の方が安いけどレンタルサーバも必要でしょ? と言われてしまえばそれまでだが、前述したエックスドメインの提供している無料レンタルサーバのことは覚えているだろうか。これを使えば良い。しかも、エックスドメインを契約すると容量が「5GB(内データベース容量は変わらず100MB)」に増えるのでしばらくの運営には十分耐えうる。参考だが、ここのサイトは現時点で10記事程書いたが1GB……いや、その半分の500MBも使っていない。(データベースは4MB程度)

勿論、後々に移転の手間はある。だが、勝手が分からない内にサーバレンタルするリスクを考えれば、天秤にかけて思考してみても良いと私は思う。

レンタルサーバ移転が容易

こう書くと文字通り、レンタルサーバ移転がラクになるのかなと思われがちだが、ちょっと違う。移転自体は面倒だと思う。が、独自ドメインを取得しているとレンタルサーバを仮に移転したとしてもURL変更の必要がないと思って頂ければ良い。

レンタルサーバを移転しても看板のつけかえ、もとい、独自ドメインとレンタルサーバの結びつけを変更すれば良いので、見た目のURLは変わらない。これならレンタルサーバ移転する度にユーザへ通知する必要も、ユーザから見ていつの間にかブログが消失していた! なんてことも無くなる。

ドメインパワーが蓄積される

独自ドメインを取得して同じドメインを使い続けているとドメインパワーなるものが蓄積される。イメージとしてはドラゴンボールの元気玉だ。「オ……オラに、元気をわけてくれ……!

要は使えば使うほど信頼度が高くなる。取得したてのドメインと十年以上前に取得したドメイン。ユーザ(私たち)から見たらどちらも何の変哲もないURLだが、YahooやGoogleといったサーチエンジンからしたらそのような指標が必要だし、またその指標を使って検索結果の順番を決定したりするのだ。

ドメインパワーは当然、使っているドメインに蓄積される。独自ドメインを使わずレンタルサーバのURLを使っていた場合、レンタルサーバのURLに対してドメインパワーは蓄積される。しかしながらサーバ移転する場合はURLが変わってしまうためゼロからのリスタートとなってしまう。レンタルサーバ移転の影響を受けない独自ドメインの方が有利なことは明白だろう。

独自ドメインを取得するには

無料サーバの件や費用のことを考慮すると『エックスドメイン』がオススメだ。特にこだわりがなければ年間約1200円ほどしかかからない。ドメインの種類にこだわったりすると、エックスドメインが最安ではなくなる可能性もあるので是非、自分の目でチェックして欲しい。

エックスドメイン

エックスドメイン以外でも「さくらインターネット」や「お名前.com」でもドメイン取得は可能だ。しかし、費用が若干割高だったり、一年目の費用が安くともそれ以降の更新料が高いものもあるため料金表は注意して見るようにしよう。

同じ会社が運営しているwpXやエックスサーバが定期的に行っているキャンペーンで、レンタルサーバを契約した人はずっと独自ドメインが無料というものもある。先に「独自ドメイン!」と進めておきながら何だが、こういうキャンペーンをうまく利用するのもひとつの手だろう。

まとめ

ブログを立ち上げたい! アフィリエイトをやりたい! と言う想いから、レンタルサーバと独自ドメイン借りてWordpressをやるぞと言う人に「待った!」をかける記事となったが、参考になっただろうか。私としては最初から費用はかけるものじゃないと思っている。こういうものは地道に経験を積んでやっていくものだ。わざわざ搾取されにいく必要はない。だからこそ、無料サーバで感覚を掴んで、独自ドメインを取得して、Googleアドセンスに登録するなどして実際にアフィリエイトしつつも、それからレンタルサーバを検討してみては、と提案するに至った。

しかしながら、万人向けでないのは確かだ。
実際に試してみて、Wordpressで行き詰まった人は有料テーマの購入を早々に検討した方が良いし、後々の移転は面倒だという人やどうしても広告表示が嫌という人、資金に糸目はつけないぜという漢気のある人は併せてレンタルサーバの検討に入ってしまった方がいい。記事を書けなかったり、自分にブログは向いていないと悟った人はそこでリタイアし、目の前にある事を一生懸命やることもひとつの選択肢だ。

ただ、いずれにせよ独自ドメインだけは早めに取得しておいて損はない。それはこの記事を最初から最後まで熟読出来た方には理解できるハズだ。貴方にとって少しでも最良な選択肢の材料となれば幸いだ。

エックスドメイン

レンタルサーバは以下の3つあたりがオススメ……だが、いまいち私にもエックスサーバとwpXの具体的な違いが分かっていない。どっちも同じ会社運営だし。主観だと、圧倒的にエックスサーバ利用者の方が多い。だが、運営元からするとWordpressを一つしか運用しない人はwpXの方がいいのだとか。ちょっと調べてみて分かれば別記事に書くかもしれない。

エックスサーバ


wpX


さくらインターネット ※Wordpressはスタンダート以上から

余談だが、このサイトはエックスドメイン+さくらインターネット(ライト)で運営されている。独自ドメインじゃないとGoogleアドセンスに登録できないことを知らなかったのである。ほんと、はよに知りたかった。えっ、さくらライトはWordpressインストールできないのでは? と疑問に思われた方や、よからぬ興味を持った方は以下の記事を読んでみるといい。但し、真似はしない方がいい。

WordPress導入にさくらインターネット(ライト)を敢えて使う理由
私がブログを始めるにあたり何故一手間をかけてまで、さくらインターネット(ライト)にWordPressを採用したのか。これからブログを始めようと思っている人の参考にもなるようにちょこっと一意見を述べてみようと思います。 さくらインターネット...

独自ドメインを取得していても、データベースの違いから記事移行できない可能性大=URLがトップしか結局合わない危険性を孕んだまま、このサイトは運営されていく。いいんだ、私はいにしえの腐女子で、かつ、ド変態だから。

コメント